オーガニック粉ミルクフォローオン2

オーガニック粉ミルクフォローオン2

粉ミルクについてお問い合わせのお客様へ
平素よりHolleのオーガニック粉ミルクへについてのお問い合わせ、誠にありがとうございます。
Holleの粉ミルクは現在ヨーロッパとの粉ミルクの規格の違いにより日本では正規輸入・販売されておりません。Web shop等で日本のお客様向けに販売されている製品は第三者による海外の市販品の転売品で、日本政府の輸入・販売許可を受けた製品ではございません。お客様のお手元に製品が届くまでの間、Holleおよび弊社の管理が行き届かないことから、お買い求めになられた製品によるいかなる不都合もお客様ご自身で解決いただく必要がございます。ご購入を検討の際は熟考の上ご判断下さい。オーガニック粉ミルクフォローオン2の作り方などの詳細をお探しのお客様はこちらをご参照下さい

オーガニック粉ミルクフォローオン2

7か月以降
600 g (300 g x 2)
用途

母乳からの切り替え、母乳との併用にお使いいただけます。哺乳ビンでの授乳に最適ですが、ホレのオーガニックポリッジ(お粥)でミルク粥を作る際にもお使いいただけます。デメター認証ミルク使用。

パッケージを詳しくみる(PDF)

用途、原材料、栄養成分などの詳細をご確認いただけます。

  • グルテンフリー
  • 卵不使用
  • 甘味料不使用
製品詳細
原材料:

無脂肪乳**, ホエイパウダー* 部分的に脱塩したもの, 植物油*(パーム油*, なたね油*, ひまわり油*), マルトデキストリン*, 脱脂粉乳**, デンプン*, 炭酸カルシウム, クエン酸ナトリウム, 塩化カルシウム, ビタミンC, リン酸カルシウム, 乳酸鉄, ビタミンE, ビタミンB1, ビタミンB6, 葉酸, ビタミンK, セレン酸ナトリウム, ビタミンD (*オーガニック, **デメター)

主な原材料の原産国:
ドイツ
作り方:
※付属の専用スプーンをお使い下さい。(1さじ = 4.7 g)
※粉ミルクに加える湯冷ましの量は、専用スプーン1さじに対して水30 mlです。

1. 哺乳ビンと哺乳ビンの乳首を熱湯消毒します。(3~5分間)
2. 必要な分量の水を一旦沸騰させ、その後約50℃まで冷まします。(50℃は日本の粉ミルクと比較して低くありませんか?)
3. 半分量の湯冷ましを哺乳ビンに注ぎます。(180ml分のミルクを作る場合は90ml)
4. 専用スプーンで、すりきりを使って決められた量の粉ミルクを加え、哺乳ビンを良く振って粉ミルクを溶かします。
5. 残りの湯冷ましを哺乳ビンに注ぎ再度よく振り、全ての粉ミルクが溶け、37℃位の人肌になっているのを確認したら出来上がりです。

生後6か月以降の授乳量目安
湯冷ましの量
(ml)
粉ミルクの量
(専用スプーン)
出来上がり量
(ml)
1日にミルクを与える
回数の目安
150 5さじ 170 2~3回
180 6さじ 200
210 7さじ 235

※ご注意下さい
・ホレ・オーガニック粉ミルクフォローオン2は離乳食との併用を目的に製造されています。離乳食開始以前の赤ちゃんにオーガニック粉ミルクフォローオン2のみを与えることはしないで下さい。
・作り方に従ってご準備下さい。
・作り置きはせず、都度新しいミルクを準備して下さい。飲み残しは廃棄して下さい。
・加熱しすぎを防ぐため、粉ミルクを電子レンジで温めないで下さい。
・開封後は2週間ほどで使い切って下さい。
・涼しい冷暗所で保管して下さい。その際、冷蔵庫で保管しないで下さい。

商品について:

ホレのオーガニック粉ミルクフォローオン2は原料の99%がオーガニックです。使用されているミルクは、環境と牛の飼育の双方に十分配慮がなされたデメター認定農場で飼育されている牛のものです。ホレの農場はEUオーガニックの基準ならびにそれを更に上回るデメターの基準を順守しています。 活き活きとしたバイオダイナミック農場に放牧され草を食む牛たちがホレのプレミアムベビーフードの最高品質を可能にしています。デメター酪農家は通常行われる牛の角取りを行ないません。牛の角はミルクの栄養成分に影響を及ぼすためです。その他に含まれる大切な原料には、オーガニックの植物オイルがあります。赤ちゃんの成長に大切な必須脂肪酸を含むためです。トウモロコシ由来のオーガニックのデンプンとマルトデキストリンは、オーガニック粉ミルクフォローオン2にクリーミーで満足感を与える役割を果たします。残りの1%の原料は赤ちゃんの発達に欠かせないビタミンとミネラルで、これらは法令によって添加が義務付けられているものです。

ご使用にあたって:

赤ちゃんに最も自然で最適な栄養源は、全ての栄養素とビタミンを考慮してもやはり母乳です。ホレも母乳を一番に推奨しています。また、母乳を与えるという行為は母子間の信頼関係の構築に大きく役立ちます。母乳による授乳の重要性については、かかりつけの小児科医、助産師、健康アドバイザーなどのヘルスケア専門家にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

保存方法:

開封後は密閉し冷暗所にて保管の上、2週間以内を目安にお召し上がり下さい。