その他の推奨事項

その他の推奨事項

グルテン不耐症は、免疫機能が反応に関わっていないため、真性のアレルギーではありません。とはいえ、セリアック病と呼ばれるこの症状はアレルギーと同様に深刻なものです。もし、グルテン不耐症がみられる場合は、食事制限が必要となります。(グルテンを含む穀物、およびそれらの穀物を含む食品を全面的に避けるなど)

以下の事柄を守ることで、赤ちゃんがグルテン不耐症を発症する可能性を低減させることが出来ます。

    • 生後4か月が過ぎるまではグルテンを含む食品を摂取しない
    • 生後5~7か月以降にグルテンを与えるようにする(離乳食の開始)
    • グルテンを摂取する際は少量から始め、徐々に量を増やす
    • 母乳の授乳期間中にグルテンの少量摂取を試してみる

満1歳になるまでは避ける食品

    • ピーナッツ
    • 大豆
    • シーフード
    • 蜂蜜、菓子、チョコレート
    • 香辛料
アレルギー・グルテンを考慮される方へ: