沿革

1930年代

ホレ、産声を上げる

ホレは、アルレスハイムでホレ食品有限会社として創業しました。まもなくして、ホレは全粒紛製パンおよび業界初のオーガニックベビーフードを作ることになります。ホレがヨーロッパにおけるオーガニックベビーフードメーカーの草分けといわれる所以です。

ホレのベビーフードは1960年頃までスイス国内のみで販売されていました。当時のベビーフードは穀物で出来たシリアルで、ミルクと混ぜて、もしくはフルーツと組み合わせて作る哺乳ビン用フードやポリッジでした。

ホレ、最初のデメター認証企業となる

オーガニック認証よりもはるかに厳しいバイオダイナミック農法の基準をクリアする商品に与えられるデメター認証の食品(パン、フレーク、穀物、赤ちゃん用ポリッジ)のパイオニアとして創業したホレは、最も早期にデメター認証を受けた企業の1つです。ホレは現在に至るまでデメター認証を受け続けているベビーフードのパイオニアです。

1960年代

1960年代にはドイツの健康食品のマーケットが大きく拡大しました。

1980年代

ドイツの健康食品マーケットがヨーロッパに広がりました。ホールフード運動の始まりによって、ホレの製品もますます成長していきました。

1990年代

製品ラインナップの拡大

1990年代の半ばに瓶入りフードおよびオーガニック原料を99%使用した最初のオーガニック粉ミルクを製造したことにより、ホレの生産規模は大きく拡大していきました。それによってホレはヨーロッパであらゆる種類のオーガニックベビーフードを提供する会社の1つになりました。粉ミルク、ポリッジ、瓶入りフード、ビスケット、ラスク、フルーツバー、赤ちゃんやお母さん用のハーブティーと製品のレンジが拡大しました。

1996年

製造ラインをドイツとEUに移管

製品の製造は、1995年まではスイスで行われていました。国際的事業が重要さを増すにつれ、EU市場へのアクセスの向上が求められるようになり、ポリッジの製造がスイスからドイツへと移管されました。現在の製造拠点はドイツとEUです。

1999年

ホレ・ベビーフード有限会社の始まり

現在の取締役、ピーター・クロプフとウド・フィッシャーは、経済状況が極めて難しい時代にホレに入社しました。しかし、彼らはオーガニックを遥かに上回る厳しい基準をクリアするデメター品質のベビーフードの成功が過去のものではなく、将来性があるものだということ、また将来私たちの子供たちの健康的な食生活に重要であること、そして需要があることを信じていました。

         

ピーター・クロプフとウド・フィッシャー
(ホレ・ベビーフード有限会社取締役)

 

2000年以降

ホレ、世界展開を開始

2000年から徐々にヨーローパ全体に市場が拡大されていきました。スペイン、ポルトガル、ギリシャから始まり、後にはイギリス、アイルランド、アイスランドにも広がりました。その後、他の大陸にも進出し、現在、ホレの製品はアジア、オーストラリア、ニュージーランドでも販売されています。

2009年

デメター品質の粉ミルク

2009年、粉ミルクがデメター認証を受けました。今日、ホレはほぼ全種類の粉ミルクをデメター品質で提供しているヨーロッパで唯一のメーカーです。

遺伝子組換え反対運動に参加

何千ものサポーターがベルリンからブリュッセルまで歩き、遺伝子組換え技術フリーの世界のための2回目のデモを行ない、ホレも参加しました。

2012年

粉ミルクにおいてカーボンニュートラルを目指す

ホレは、乳牛のいる牛舎から商品の並ぶ店舗までのホレの粉ミルク全サプライヤーチェーンのカーボンニュートラルを目指し、行動を開始しました。

「ホレ・ビオサービス有限会社グリューンフェルト」設立

2012年、ホレのドイツ支店「ホレ・ビオサービス有限会社グリューンフェルト」が設立されました。そこにはホレの倉庫が置かれ、4,000パレットを格納することが出来ます。

中国市場に進出

2012年、ホレのオーガニック粉ミルクが中国市場に進出しました。市場のニーズは大きく、2013年には中国市場の足場を確立。姉妹会社である「ホレ・べビーフード中国」が北京に設立されました。

2013年

カーボンニュートラルのデメター粉ミルク第1号

創業80周年に際し、オーガニックベビーフードのパイオニアであるホレはさらに1歩前進し、世界初のカーボンニュートラル・デメター粉ミルクの販売を開始しました。

ホレの現在

ホレは、粉ミルクのほぼ全種類をデメター品質で提供しているヨーロッパで唯一のメーカーとなりました。ホレ・べビーフード有限会社のラインナップには粉ミルク、ミルクシリアル、ミューズリー、瓶入りフード、パウチ、スナック、離乳食用オイル、ハーブティーなど広範囲に渡っています。